*

ちょっとまって!無麻酔歯石除去って本当にいいの?

公開日: : え?!そうなの?

先日、家の愛犬のかかり付けの動物病院のドクターに聞いたのですが、
「未だに無麻酔で歯石除去をしているところがありますねー。
動物病院では行うところが大分減っていると思うのですが、
ペットショップ等ではあいかわらずですね。いずれ廃れてしまう
とは思いますが、・・・・。」と、やらないほうがいい、というより、
無麻酔での歯石除去は、してはいけないという体で話をされていました。
いつか愛犬にも施術してもらおうと思っていたのでキョトンです。
その際に、だめな理由もいろいろ教えていただきましたが、いろいろと
調べてみました。

無麻酔歯石除去方

無麻酔歯石除去方とは、麻酔をせず、一般的に、

ハンドスケーラーで上顎の表面の歯石を除去します。

メリット

無麻酔なので身体への負担が小さい

これは当然ワンコの体への負担は少なくてすみます。

デメリット

精神的負担が大きい

個体差はあるのでしょうが、体を保定されて口の中をいじられるの

ですから精神的な苦痛はかなりのものでしょう。

歯石除去をしたことがある人であれば分かると思いますが、

人が口を開けてじっとしていても痛いと思うときが結構あります。

ワンコも痛いと感じることが多々あると思われます。

歯の内側や歯周ポケット等の歯石は除去できない

一般的に歯の内側や下顎の歯の歯石は難度が高く除去するのが難しいようです。

いろいろな危険を伴う

  • 超音波スケーラーを使用できれば安全なのですが、高温になるため水を出しながら使います、が、無麻酔ではとても難しい
  • 気道にとった歯石がはいってしまい別の病気を引き起こすことも
  • 歯周病が進んでいた場合に顎の骨を強く持ったために骨折するということも起こっている

ポリッシングができない

歯石を取った後の歯の表面はザラついているため、ホリッシングをして

表面をツルツルにしてあげることが必要ですが、かなりの振動と

音を感じるためにしっかりとホリッシングができない。

人であれば、歯石がとれた、ゴボゴボパー、ポリッシング後に

研磨剤も、ゴボゴボパーってできますが、ワンコにそれを望むのは

無理ってもんです。

まとめ

デメリットのほうが圧倒的に多い結果となりました。

費用対効果で考えてみても安価であるとは言えそうもないですよね。

うちの子たちにも、いつか施術と考えていましたが、無麻酔歯石除去

を行わないことに決定しました。ちょっと歯石がついてきましたが、

日々のケアで歯石がつくのを遅らせる努力をし、主治医さんがこれは

歯石とったほうがいいよと仰った場合に全身麻酔での歯石除去を

考えることにします。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

no image
ちょっとまって!無麻酔歯石除去って本当にいいの?

先日、家の愛犬のかかり付けの動物病院のドクターに聞いたのですが、 「

→もっと見る

PAGE TOP ↑